CADPAC-CREAOTR 3D
Product_Infomation



CADPAC-CREATOR 3D リリース情報
CADPAC-CREATOR 3Dの最新版となる Ver.7.0を2008年2月22日より出荷開始!


CADPAC-CREATOR 3D 新機能
KeyCreatorのコマンド追加や機能強化は以下の通りです。(抜粋)
新機能(抜粋)
VISTA対応 Ver.7.0よりWindows VISTAに対応しました。
パート一括印刷 1つまたは、複数のビューポート画面、またはレイアウト画面を印刷します。
ライト方向 レンダリング時にライトの方向を調整し、陰影付きのモデルの照明効果を操作します。
自動コーナー曲げ ソリッド物体のコーナーを展開可能なシートベンド形状に変更します。
板金コーナーカット ソリッドのコーナーから、ソリッドを一部切り取り、隣接する面を2つに分けます。
強化項目(抜粋)
CATIA v5読み込み アセンブリ形式のCGRリファレンスファイルを変換することができるようになりました。
一括変換 一括書き出しファイルの種類の中にPDFと3DPDFが加わりました。
表示オプション設定 クイックムーブオプションを追加しました。クイックムーブを使用すると、KeyCreator内の変更やスクリーン更新処理速度が速まります。
外部変換バージョン 変換対応バージョンが変更になりました。詳細は一覧表をご覧下さい。


外部変換バージョン
Ver.7.0におけるデータ変換リスト
データ形式 バージョン 入力 出力
ACIS(SAT) 1.5-R17
CatiaV4 4.1.9-4.2.4
CatiaV5 [入力] V5R2-V5R17
[出力] V5R6-V5R17
Parasolid(X_Y) [入力] 10.0-18.0.141
[出力] 12.0-18.0.141
Pro/E 16-2001,Wildfire1,Wildfire2,Wildfire3
×
Solidworks 96-2007
×
STEP AP203、AP214
UG 11-18 and NX1,NX2,NX3,NX4
×
DXF/DWG [入力] 2007までの全て
[出力] R12-R14,
2000,2002,2004,2005,2006
AutodeskInventor 6,7,8,9,10,11,2008
×
IGES [入力] 5.3まで
[出力] 5.3


ライト方向
表示:レンダリングにライト方向コマンドが追加されました。
ライトの方向を調整し、陰影付きのモデルの照明効果を操作します。X、Y、Zの移動量を入力するか、表示される指示ポインタを直接ドラッグして方向を操作します。
ライト方向

自動コーナー曲げ
作図:ソリッドフィーチャに自動コーナー曲げコマンドが追加されました。
尖ったエッジを持つソリッド物体のコーナーを展開可能なシートベンド形状に変更します。 エッジを指示すると、最適な照合エッジ(指示するコーナーと向かい合うもう一つのコーナーエッジ)を見つけ出し、 シートの厚みを計算し、指定する半径値でエッジにブレンド面を作成します。
この操作で、コーナーの内側と外側形状の両方を同時に変更することができます。
自動コーナー曲げ

板金コーナーカット
形状修正:ソリッドのトリム/分割に板金コーナーカットコマンドが追加されました。
ソリッドのコーナーからソリッドを一部削り取り、隣接する面を2つに分けます。
コーナー部分の片側だけをカットするか、またはコーナーを作る壁の両側ともをカットできます。
板金コーナーカット


詳細資料