Cadpac NewProject
Product_Infomation
Cadpac NewProject 3D
ダイレクトフィーチャーベース設計
ヒストリーを持ったパラメトリック設計は、予め形を想定してそれに適した手順で設計を進めていきます。設計変更の際には、そのヒストリの中で与えたパラメータを変えることにより、簡単に形を変更できますが、拘束条件を満たしている必要があり、又、手順そのものを変えなければ設計を続けることができないケースも生じます。それでは結局、ヒストリや拘束条件に縛られて、エンジニアの自由な発想が妨げられてしまうことになります。CADPAC 3Dは、面倒な拘束条件は全く必要なく、ダイレクトに設計者の意向をモデルに反映することができます。


これがダイレクトフィーチャーベース設計です。 これこそ、本来、人が行っている設計の手法ではないでしょうか。

拘束なしでパラメトリック的な編集が可能
CADPAC 3Dで作成したモデルはもちろんのこと、他のCADから変換したデータに対してもモデルの中から設計者が意図した形でフィーチャーをダイレクトに取り出し(フィーチャー自動認識)、そのフィーチャーに含まれたパラメータを自動抽出して編集できます。又、条件付けなどは一切不要で、モデルのどの箇所でも寸法値を変更することで、ダイレクトに編集が可能(寸法連動編集機能)です。
フィーチャー自動認識

CATIA V5の生データをダイレクトに編集


ブレンド半径を 2mm から 5mm に変更
寸法連動編集機能

インテリジェント・インターフェース
CADPAC 3Dは、基本のメニュー構成の他に、選択する要素によってそれに関連したメニューが自動的に表示され、設計作業をスムーズに行うことができます。


ソリッドモデルのエッジをクリックすると、対応したコマンドが表示される。


ソリッドモデルの面をクリックすると、対応したコマンドが表示される

ダイナミックコマンド
ダイナハンドルにより ・ベクトル軸に沿う動き ・平面上で回転 ・完全な3Dの動きをコントロールできます。

ハイブリッドモデリング
CADPAC 3Dは、2D図面、3Dワイヤー、サーフェス、ソリッドを同一空間の中で、すべて混在して利用できます。又、ソリッドやサーフェスから自由に曲線を取り出せますので、その曲線を利用して、サーフェスを作成し、ソリッドでは困難な形状も最終的に作成することができます。
3Dモデルから意図したビューで2D図面へ展開
3Dモデル上の曲線を利用して、新たなモデルを作成
ソリッドモデルからサーフェスに分解し、修正後ソリッドモデルとして再生成可能
2D図面をそのまま利用して3Dのモデルを作成
機械設計に必須な締結要素、加工要素、鋼材、機械要素などのパーツを標準装備。パラメータ入力だけのワンタッチで目的とするパーツを自動生成し即座に配置できます。

機械設計を強力に支援するパーツ類を標準装備
機械設計に必須な締結要素、加工要素、鋼材、機械要素などのパーツを標準装備。パラメータ入力だけのワンタッチで目的とするパーツを自動生成し即座に配置できます。



3Dモデル・2D図面の比較検証ツール
設計変更前と設計変更後の3Dモデルや2D図面の異なる箇所を自動で比較・検証します。色分け表示等で簡単に相違点が確認できます。

干渉チェック
複数のソリッド物体の静的な干渉や包含状態を確認します。干渉部分は自動的に指定レイヤーに保存されますので、干渉した部分がすみやかに確認できます。

図形移動
複数のソリッド物体の静的な干渉や包含状態を確認します。干渉部分は自動的に指定レイヤーに保存されますので、干渉した部分がすみやかに確認できます。

多彩な曲面編集 エッジの整合
3D機能には上位のCADに匹敵するサーフェス編集が標準で装備されています。モデルデータ取り込み後の修正作業や、加工パス生成に耐える品質の曲面作成をすばやく行えます。