サポート
Support_Desk

CADPAC-CREATOR 2D
4月30日よりリリースが開始されたWindows10の大型アップデート
「April 2018 Update」(Version 1803)による問題点と対応策について
Updated / 最終更新

1.ネットワークライセンス

Windows10の大型アップデート「April 2018 Update」(Version 1803)がインストールされた場合、CADPAC-CREATOR 2Dのネットワークライセンス環境で 以下のエラーダイアログボックスが表示され、2Dが起動できない現象が発生しています。この問題は、Windows10に対応しているVer.18以降のすべてのバージョンが対象となります。


問題の対応策については現在調査中のため、「April 2018 Update」(Version 1803)へのアップデートは控えていただきますようお願いいたします。

すでにWindowsUpdate等で「April 2018 Update」(Version 1803)が適用されてしまったた場合、適用後10日以内であれば以前のBuildに戻す事が可能です。 
        ↓  ↓  ↓
Windows 10 を以前のバージョンの Windows 10 に戻す方法について
Microsoft Japanの以下のWEBページを参照ください。
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2017/04/25/windows-10-goback-previousver/

以前のBuildに戻していただく事で、問題は回避され正常に接続可能となります。
アップデート適用後10日を経過しますと、以前のBuildに戻す事が不可能になりますのでご注意ください。

更新

Microsoft社へ現象を報告し、原因および対応策について確認したところ、本件は「April 2018 Update」(Version 1803)によるMicrosoft社側のエラーであることが確認されました。

まだ原因は特定できておらず、現時点ではエラーを回避する方法はありません。

原因が解明され、修正プログラムが提供されるまで数か月程度かかる事が想定されます。

お客様には大変ご迷惑をおかけしますが、その間「April 2018 Update」(Version 1803)のインストールは引き続き控えてくださいますようお願いいたします。

障害の回避が確認され次第、改めてお知らせいたします。



2. CADPAC-CREATOR 2D Ver.20をローカルライセンスでインストール

Windows10の大型アップデート「April 2018 Update」(Version 1803)がインストールされた後に、CADPAC-CREATOR 2D Ver.20をローカルライセンスでインストールした場合、手順通りにインストールを進めていき機能の選択から次へ進むと、以下のエラーダイアログボックスが表示されインストールできなくなる現象が発生しています。
この現象は、Ver.20.0のみに発生しています。


【対応策】
Windows 10のアップデートはそのままで、以下の方法により回避することができます。

  1. CADPAC-CREATOR 2Dをネットワークライセンスの新規もしくは複製更新でインストールします。


    機能の選択画面でご購入のオプションのチェックを忘れずにしてください。


  2. インストール後に、CADPAC-CREATOR 2D Ver.20をインストールしたcadpac.exeのフォルダにある「LicenseSet.exe」を起動します。
    * LicenseSet.exeは標準インストールの場合、以下にあります。
    c:\cadpac\creator\2d(64).2000\LicenseSet.exe
    ダイアログボックスから、●ローカルライセンスを指定して、[設定]ボタンをクリックします。


  3. デスクトップのCADPAC-CREATOR 2Dのアイコンをクリックし、
    CREATOR 2D Ver.20が起動することをご確認ください。